講座

光山 英明 氏 × 川下 和彦 氏光山 英明 氏 × 川下 和彦 氏

大阪・上宮高校出身、甲子園球児だった(株)個人商店代表 光山氏は、東京・吉祥寺に焼肉屋「肉山」を出店。その後「各県1事業主」をFC展開の軸と据え、飲食店というより、ビジネスとして消費者に対し真っ当でありたいと考えている。一方、博報堂クオンタムでクリエイティブディレクター を務める川下氏は、主にスタートアップ、新規事業開発を手がけており、実は「肉山」のファンである。光山氏が手がける「肉山」をはじめとしたビジネス展開を、ビジネスの世界として、川下氏はこの事業をどのように捉えているか。実は、飲食業の新たな業態展開のきっかけのヒントが見つかる。

講師プロフィール

  • image
    光山 英明
    みつやま ひであき
    株式会社個人商店 代表取締役社長
    1970年、大阪市生まれ。小学4年生から硬式野球を始め、上宮高校野球部では主将を務め、甲子園に出場。ベスト8に。卒業後も中央大学野球部に入部、吉祥寺周辺で寮生活。卒業後は大阪に戻り、卸酒屋に就職。9年半勤務後、上京し、2002年11月にホルモンと焼酎の店『わ』を開店。2012年11月には『肉山』を開店。予約1年待ちの人気店に育て上げる。飲食店を開業したり知り合いの相談にも乗り、これまで60店舗以上をプロデュース、そのすべてが繁盛店となっている。
  • image
    川下 和彦
    かわした かずひこ
    1974年生まれ。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了後、博報堂入社。マーケティング部門、PR部門を経て、クリエイティブ・ディレクターとしてジャンルを超えた企画と実施を担当。2017年4月より、新規事業開発に携わるグループ会社のquantumに出向。著書に『勤トレ 勤力を鍛えるトレーニング』『コネ持ち父さん コネなし父さん』(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)、「ざんねんな努力」(アスコム)などがある。

講座一覧

【第2期】2020年1月〜6月